link backnumbers img_board board
Commuket issue NO.
167
MAY-05-2003
●毎週火曜日更新●
今週のコミュケット
ライブインフォメーション
COVER STORY
dot
上高地いってきました

なんとか3連休を確保したので、どっか遊びに行こうと車くりだして行き着いた先は上高地(笑)。もうちょっとがんばったら神戸つくやんw
とかなんとか思いつつ、久々に大自然の中に体を置いて来ました〜。

やっぱり、山ん中ってのは都会とは違って、空気も水も音も澄んでますね〜。6キロ近く歩いたんですが、気持ちよかったです。疲れはあんまり感じなかったですね〜。…う。後からくるのかな…(ぶるぶる)。

[Naoko Ohshima / 上高地から、もう一足伸ばして、飛騨高山にもいってきたんですが、観光名所のあちこちで売られている「飛騨牛串焼き」というのを見つけ、何気に食べてみたんですが、これが激ウマ!。もし飛騨高山へいかれる際には「古い町並み」の中で販売されている飛騨牛串焼きを是非お試しくだされ〜。]
  UP
GOURMAND 回転寿司のおいしい楽しみかた 〜Vol.3〜

 やっぱり連続連載とはいかず、間が開いてしまいました…さて、前回は回転寿司のネタのゴージャスさについてお話ししました。今回は「食しながら必ずする事!」という感じでいろいろとお話ししていきましょう。

<レーンを監視!>
 レーンを監視?これってどうして重要?と思ったりするのですが、作りたてで新鮮なお寿司を楽しく楽しむには結構大事なポイントだったりしています。
 その理由は、一度回転寿司に行った方はだいたいのイメージをつかんで頂けると思うのですが…レーンを流れているお寿司は壁を隔てたキッチンから出てきて、何周もホール内を回って回って回って回〜る(♪夢想花を歌う感じで)としています。お店によると、鮮度チェックを受けないまま何時間もネタが回っていて→乾ききったりしています。(よくわかるのがイカ系・まぐろ系・貝系などの淡白な物・マヨネーズで合えてある軍艦系)お皿を見てもわかります。つい、勢い余って!こういう皿を誤って取った場合、ベルト内に戻すことはできませんので超最悪な気分になります。(これは回転寿司の禁じ手です。)という感じで、このネタを食べたいと思ったとき、手を出す前に小さな目隠し板の隙間(けっこう丸見えだけど)からみえる向かいのレーンに流れているお寿司を目で見てウオッチングしまくります。そうすることによって自分のエリア内の前にあるレーンから作りたてのお寿司がGetして食べられるのです。また、作りたては同じネタが5〜6皿一気に回ってきます。これも一つの目安ですね。従って、見極める力が重要です。
 しかし、最近ではお店の方で寿司の状態を自動的に見極めるシステムを導入しているところもあります。
 あえて名前を出すと大阪・関西地区でいろいろな特許・システムで有名になり、最近関東進出した"くら寿司"ここは、お皿の後ろにJ-PHONEで一躍メジャーになったQRコードがシールになって貼ってあり、それによってレーンで流し始めた時間を管理し、ある一定の時間(約30分)が経過するとキッチンに戻る一番下流にある自動廃棄システムからサイレン音と共に赤色灯が回転して自動的にレーン上にあるポイントが切り替わり、レーンから古いお寿司をお皿ごと"ポイ!"してしまうものすごいシステムがあったりします。バーコードを読むのにカメラを使用しているので、一度、J-SH52・J-SH09・J-SH10・J-N51(近日発売予定らしい)を持っている人に試して欲しいです。どのような物になっているかかなり興味津々です。身近に持っている人がいないので…
 と、いう感じで今回は中級編〜上級編といった感じでお話ししていきました。ついに来週は「上級編」という感じで進めていこうと思います。お楽しみに!

 [KazuyaTanabe / 皆さんのGWはどうでした〜?僕はやっぱりカレンダー通り…おまけに、今年は連休中でもほとんどお仕事という感じでバタバタなGW!連休気分どころでなかったです…通勤・帰宅中、他府県ナンバーの車の多さと、某サーヴィスエリアに行く車の量と高速バスの人の多さを見てしまうとはっきり言ってうらやましかったり…まあ、しょうがないや…しかも、どこからか風邪をもらってくる始末でのどと鼻の調子があまりよくない…どうしよう…という感じでちょっとブルーなGWでした…BW(青色週間→ブルーな気分週間)だったかも…またまた、所長の罵詈雑言のような日記になってしまいました…なんかストレスがたまっているのかなぁ?ある程度に飲みまくりたい気分です。]
  UP

Copyright(c) 2000 COMMUKET OFFICE. All rights reserved.