Commuket issue NO.
058
DEC-12-2000
■毎週月曜日更新■
   
今週のコミュケット
   
罵詈雑言
   

tiktak
TIKTAK
Vol.2
掛け時計  ちょっとグルマンドをお休みして、今回は、チックタックということで僕の掛け時計をご紹介します。この掛け時計は中学3年生(当時美術部所属)の時に作ったワンオフ(一品物)です。
 最初、形は何にしようかなぁ?と悩んでいたら、好きな「かたつむり」にしよう。というわけで。材料は加工性と値段を考えた結果…コルク板に。そんな流れでハンズで材料を調達してあっという間に作った物です。
 ちなみに、購入した物はコルク板、切り文字(1・2・3・6・9)、時計本体、針です。費用は約3000円ぐらいでした。おまけに、かたつむりの角としっぽと数字以外の△は丸に切り抜いた後のコルク板の残りを使用してます。
掛け時計 また、縁は焦げ茶のポスターカラーで塗っています。従って、斜めから見ると立体的に見えていい雰囲気なんです。でも、この時計は前の家に住んでいたときに離れの部屋に置いたままで全く活躍してなくて、引っ越しの時ポイしようとしていた所を考え直して再度活躍してもらっています。
 やっぱり、自作の物はなかなか捨てられないんですね。でも、久しぶりに針を掃除して電池を入れてみたら本体の調子がちょっと重たそうなんです。やっぱり10年の月日が経っているので寿命なのかなぁ?とも思ったり。
 また、本体を取り替えてみようと思ったりする今日この頃です。次回は掛け時計と来たら腕時計ということでお話ししていきます。
[Kazuya Tanabe / やっぱり新居はいいですね〜。でも、4階はちょっと大変!特に荷物を運ぶとき。トレーニングと思えばちょうどいいかもね]
  UP
COVER STORY
dot
ホームページリニューアル(ここぢゃないよ;p)
 毎度の事ながら突然火がつく私のサイトリニューアルですが、今回も思い立ったが吉日で一気にサイトをリニューアルしてしまいました。どうも最近はWebSiteのデザイン変更を行っても毎回納得がいかない。毎回色々考えて作っているつもりなんだけど、やりたいことが多すぎるのか、考えるのが下手なだけなのか、何度やっても「やったぜべいべー(謎)」な結果にならない(涙)。まぁ単にデザインセンスが無いのにも関わらずデザイン性を求めるページ構成に仕向けてしまう自分自身があかんとは理解しているつもりなんですが(苦笑)。まぁ気が向いたときにでもお立ちよりくだされば幸いです。

 さて、WebSiteのお話ついでに、これからWebSiteを構築する方々へのアドバイス、というか最近の傾向と対策(受験みたい(笑))をば。

・ユーザビリティーの発想を取り入れたサイト
 使い勝手の良い、わかりやすいサイト。情報を発信する側ではなく、使い手の立場に立ってデザインし、構築していく
・アクセシビリティーを考慮したウェブデザイン
 コンテンツが障害を持つ人たちにとってもアクセスしやすいものになるような配慮を行う

という上記2点が注目されている。…とまぁ実際問題、実践するにはどんなところに気を使えば良いのかというと、

・どこからアクセスしても、現在位置が全体のどこであるか把握できるべき
・導入ページは不必要
・リンクはわかりやすく
・読めない色やフォントは使わない<特にフォント
・フレームは避ける、使うなら正しく
・テーブルの使いすぎに注意
・ぱっと見て判るサイトであれ
・長いコンテンツをテーブルで囲まない
・1頁の適切なサイズは8秒で表示できる位(8秒ルールというらしい)
・印刷に配慮しよう
・画像にはalt属性を忘れずに
・略語には正式名称をつけよ

…とまぁ気が遠くなりそうですが、こーいう点が指摘されてますです。これからサイト構築なさる方は、是非参考にしてみてください。
 [Naoko Ohshima / …ちなみに私のページは一切守れていません(をゐ)。だって面倒なんだもん(^^; ]
  UP
LOVE CONNECTION 錯覚してませんか?
自分を分かってる人が相手だとすれば腹を立てることは簡単だよね。
相手は自分のことを分かってると錯覚してるんだもん。

自分を分かってくれている相手になら格好をつけなくてもいいってわけじゃないよね。
自分を分かっててくれる相手だからこそ、他人には見せることのない魅力を振り撒かなきゃ。

[motoi araki / これができない人はじきに破局だと思う。クリスマス前だからこそ、直言。]
  UP
COMMUKET OFFICE
COMMUKET SPECIAL GOODS
POSTCARD

1周年記念に作りました。まぁこんなご時世なんで豪華なグッズなどは作れませんのでポストカードで許してください。欲しい方には無料で発送しております。下記のフォームに必要事項を書いて応募してください。よろしく!
ポストカード発送のご応募
お名前
住所
メール
コメント
 

mail to tbx@may.sakura.ne.jp
editor in chief : MOTOI ARAKI
support : NAOKO OHSHIMA
art director : MAKOTO KAWAMURA
co-writers : KAZUYA TANABE, HIROKO IZUMI, EMI TSUJI, JUN'ICHI MORIMOTO, MASAKI FUJISHIRO
special thanks :
T・L・MT, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura, Akira Toga, Yu Kitamoto, Keiichi Morita, zucca, Nao Fujita, Hiroshi Minato, Chitose Minato, Taichi Takashima, Tomokazu Masuyama, Tatsuya Iwata
  UP

Copyright(c) 2000 COMMUKET OFFICE. All rights reserved.
   
link backnumbers img_board board