Commuket issue NO.
048
SEP-18-2000
■毎週月曜日更新■
   
今週のコミュケット
   
罵詈雑言
   
COVER STORY
dot
新しい愛!?
 新しい愛の形って言ったら大げさだけど、自分が死んだあとに愛する人に何を残せるかは重要課題。思い出や形見を残すことは当然のことで、足りないものはそう、お金よね。葬儀費用や借金返済や生活費、新しい出会いのために…いくらあっても足りるということは無いかもしれません。
 最近の若い人は保険を疎んじる傾向があるんやけど、若い時期にこそ入るべきなんよね。確かに…遊ぶ金をつぎ込んでまで、将来に備えるような打算的な生き方はかっこいいかどうかわからないよ。でも月々3000円もあれば、少なくとも10年ほどの備えは出来るしさ。僕たちの世代が遊ばないと経済も好転せえへんと思う。貯蓄と保険は別々に考えて、無駄な出費を減らさなきゃ。
 既婚者で月20000円以上、シングルで月10000円以上の保険料はちょっと払いすぎの傾向ありです。保険の内容を理解してるんならともかく、勧められたまま入ったものには要注意。外交員を儲けさせてるだけ。
 僕も有資格者じゃないから、詳しく相談には乗れないけど、わかりにくいことぐらいは説明できるから。面倒なことだと思って遠ざけていたら、無駄金を棄てるばっかり。
 みなさんのオフタイムの充実と、愛する人の将来のために手元の保険証書、見直してみては。

[motoi araki / うちは家族全員で18000円ほど。でもね、保障は凄いよ(汗)。本当は常識的な額なんだけどね。]
  UP
GOURMAND 「富士吉」のそば・うどん
 今週のおすすめは、コミュケット掲示板で噂の例のお店とうとう登場!ということで、神戸市西区伊川谷のコープデイズの筋にある、創業明治25年の手打ちうどん・そば「富士吉」のバナナそば・リンゴそば・紫いもうどんのざる(650円)と天ざる(1230円)です。
 最初、これらの名前を聞いただけでは「エ〜ッ」と驚くと思いますが、一口食べてみるとこれが美味。まずは「バナナそば」。見た目はちょっと麺の色が通常よりも濃いそば(田舎そば)にスライスバナナが4枚のっているだけ。麺をつゆに漬けずに食べてもバナナの味はほとんど感じられない。ちょっとほんのり甘いかな?というもの。そして、しっかりとだしが効いているお店特製のつゆにつけてみるとそばの風味が引き出されて、かなり最高な気分に。ちなみにこのバナナそば、食物繊維やバナナが持っている栄養分はそのままというかなり体にいいヘルシーなそばです。
 また、天ざるを食べると揚げたてで衣がさくっとしている天ぷら(大きいエビが2匹も入っている)の中にも揚げバナナが入っている!これも美味、温かいバナナもアジアンテイストで最高!
 次に「リンゴそば」。そばの色はかなり薄めで更科そばといった感じ。やっぱりリンゴだから?それにバナナそばと同様にスライスリンゴが4枚のっかっている。これも麺だけで食してみると、ほんのりリンゴの風味がしてかなりさっぱりと食することができる。かなりヘルシーな出来上がり。こちらも天ざるには揚げリンゴがついてきます。
 最後に「紫いもうどん」。うどんの色は鮮やかな紫色。蛍光ペンの紫みたいでとってもきれい。紫いもだから当然か…これも麺だけで食してみると、紫いもの甘みがほんのりと…さつまいもの親戚だからね。
 かなりの美味。そして、手打ちうどん特有の強めの食感とつるっとしているのどごし。特製つけだれのコンビネーションも最高。おまけに紫いも自身が持っている食物繊維はそのままでたっぷりと入っているのでかなりのヘルシーなうどんになっています。
 ちなみにこれらの3種類の麺は温かい通常の組み合わせも出来るので、その日の気分で”きつね紫いもうどん”や”天ぷらバナナそば”や”カレーリンゴそば”なども試してみてはどうですか?
 もちろん、普通のうどんとそばもありますのでご安心を。麺のおいしさと天然だしがしっかりと効いた汁を十二分に堪能していい気分になってみては…
 ところで、コミュケット読者の皆さんへ質問です。9/14にお酒を飲みに行ったんだけど、1軒目…ドライ中ジョッキ/沢の鶴 瑞宝グラス/沢の鶴 原酒150mlロック 2軒目…ドライ中ジョッキ/大関辛丹波360ml 3軒目…モジート(フレッシュミントを使ったラムベースのカクテル)/ブラックブッシュ(アイリッシュウイスキーのフロート割り) 計8種類飲んだんですけど、これって飲み過ぎですか?掲示板かメールでご意見ください(笑)。

[Kazuya Tanabe / 先日ある内臓の検査等々したら先生に「飲みすぎっ」と指摘されちゃいました。そうかなぁ…?]
  UP
COMMUKET OFFICE mail to tbx@may.sakura.ne.jp
editor in chief : MOTOI ARAKI
support : NAOKO OHSHIMA
art director : MAKOTO KAWAMURA
co-writers : KAZUYA TANABE, HIROKO IZUMI, EMI TSUJI, JUN'ICHI MORIMOTO, MASAKI FUJISHIRO
special thanks :
T・L・MT, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura, Akira Toga, Yu Kitamoto, Keiichi Morita, zucca, Nao Fujita, Hiroshi Minato, Chitose Minato, Taichi Takashima, Tomokazu Masuyama, Tatsuya Iwata

Copyright(c) 2000 COMMUKET OFFICE. All rights reserved.
   
link backnumbers img_board board