Commuket issue NO.
044
AUG-14-2000
■毎週月曜日更新■
   
今週のコミュケット
   
罵詈雑言
   
ハッピーマクド

Apple Computer, Inc.
PowerMac G4 Cube
photo もうお忘れの方も多いかもしれませんが、お久しぶりのハッピーマクドです。少し休んでいる間にもMacintoshの世界には小さな革命が起こっていたようです。新型のマウス&キーボード、新カラーラインナップのiMac、デュアルプロセッサのPowerMacG4、そして今回の主役とも言うべき新しいラインナップのPowerMac G4 Cubeが発表されました。ここでざっと、新製品の特徴をあげておきましょうか。

<新型マウス&キーボード>
 マウスは正式名称「Apple Pro Mouse」という光学式マウスです。最大の特徴はクリックボタンがなく、マウスの上部カバー全体がクリックボタンとなっている感じです。この新クリック機構発想はまさに革命的です。そしてキーボードの名前は「Apple Pro Keyboard」。標準キーボードがフルキーボードになり、Macの伝統的パワーボタンがなくなり、音量調節・消音・CD/DVD-ROMイジェクトのキーが増設されました。このマウスとキーボードはこれから発売されるデスクトップモデルには標準で装備されます。かなり豪華ですねー。
photo<新iMac>
 モデルが4つに別れて、iMac/iMac DV/iMac DV+/iMac DV SEとなりました。カラータイプが落ち着きのあるインディゴ/ルビー/セージ/グラファイト/スノーの5色に変わりました。下位モデルのiMacは価格が98000円とかなりお買い求めやすくなりました。
<デュアルプロセッサPowerMac G4>
 強力な処理能力を持つPowerPC G4を、なんと!2つも搭載しているモンスターマシンです。PowerPC G4 500MHzを2枚でPentium3 2GHz(まだ存在しませんが)相当の処理能力を発揮するそうです。
photo<PowerMac G4 Cube>
 今回の目玉とも言うべき、まったく新しいカテゴリーの新製品です。PowerMac G4のパワーは魅力的でもそんなに拡張性はいらないし、かといってiMacではディスプレイが選べないし…そんなヒトの為に生まれたのがPowerMac G4 Cube(以下Cube)なのです。photoまぁ要するに省スペースデスクトップ型のMacです。しかし、PowerMac G4の約4分の1のサイズにもかかわらず同じ処理能力も持っていますし、そのコンパクトさゆえ拡張性がほぼナイのと同じですがメモリは3枚も挿せるようになっています。そして一番すごい点は、やはりその優れたプロダクトデザインです。一辺約20cmのその筐体には新しい発想と工夫が満載されています。内部アクセスが筐体をひっくり返してハンドルを引っ張るだけで可能なこと、その中で最も優れているのは「冷却機構」です。photoスーパーコンピュータ級のCPUをそんな小さなボディーの中で動作させると、どうしても熱暴走が起きてしまいます。そのために普通は冷却ファンを装備して空気の循環を行ないます。しかし、Cubeには冷却ファンはありません。筐体したの「足」の部分の穴から上方スリットに向けての空気の自然循環のみで冷却を行なっているのです。そのためDVDドライブを使用しなけれマシンからはHDの音しか聞こえないので、とても静かです。コレ、つまらないことかもしれませんが非常に重要なのです。
 次回はこの「静か」というテーマを中心に『家電化するパソコン』についてお話ししたいと思います。

[Jun'ichi Morimoto / 試験も無事?に終ったのでまた再開させて頂きます。しかし、こんなの書いてたらホントにCubeが欲しくなってきてしまった(汗)]
  UP
GOURMAND なす
photo 今週のおすすめは、「この食材をこうして食べたら美味!」PART3!ということで、今が旬でとっても美味しくいろいろな食べ方で大人気な「なす」を取り上げてみましょう。まず、皆さんが思いつくのが「なすの浅漬け」。これも最高ですが、今回はたなあ所長特製のレシピ(分量はおまかせ)を交え、色々と紹介してみましょう。
  • photo焼きなす
    なす料理の王道であるこの料理。夏にはお酒のお供(きりっと冷えた日本酒や白ワインで)にZEHIこの一品!おろし生姜をたっぷり添えて。
    *作り方*
    (1) なすを直火で皮がしわしわに焦げるまでこんがりと回転させながら焼く。(魚焼き網をガスコンロにのせるだけでOKです。)
    (2) 冷水にさっと浸し皮をきれいに剥く。
    (3) 一口大に切り器に盛る。そして、冷蔵庫に入れて程良く冷やす。
    (4) 食べる直前におろし生姜をたっぷり添えしょうゆをかけ出来上がり。

  • photo麻婆茄子
    なすを使った中華料理の王道であるこの料理。やっぱりキリンラガーと合いますねぇ〜
    *作り方*
    (1) なすのへたを取り適当な大きさに(出きれば8等分ぐらい)切り水に浸しあくをぬく。
    (2) その間に豚挽肉(必須)・白ねぎのみじん切り・にんにく・生姜のみじん切りを豆板醤・塩こしょう・日本酒と共に炒める。
    (3) (2)が炒め終わったらなすを入れ炒める。
    (4) なすがしんなりしたら再び豆板醤・しょうゆ・中華スープを入れ少々煮る。
    (5) (4)が煮立ったら水溶き片栗粉を少しずつ加えとろみをつけ、ごま油を少々加え出来上がり。熱いうちにご飯の上に乗せて「麻婆茄子丼」にしてもgood!

  • なすのそぼろ煮込み…なすを使った和風料理。なすと鶏挽肉を和風だしで煮た物。温かいのも美味しいけど冷たくしても美味しい! また、冷たくするならとろみをつけてあんかけにしてもいいですね。 はっきり言って、冷酒が合いますね。

  • なすの天婦羅…野菜の天婦羅の定番!なすのふわっとした食感が最高!

  • なすとひき肉のトマトソースパスタ(シチリーナ)…なすはイタリア料理でも美味しいという定番料理。なすと合い挽き肉とにんにくのみじん切りをオリーブ油で炒めてトマトソースと合わせ、アルデンテに茹でたパスタとからめて出来上がり。所長が好きなパスタの1つ。家でも簡単に出来るしね。これにはやっぱりフルボディーの赤ワインですね。

  • なすの田楽…なすを半分に切り、白い部分に味噌を塗り胡麻を振りかけこんがりと焼いて出来上がり。懐かしい味ですね。

  • 肉詰めなす…半分に切ったなすをいれものになるようにくりぬく。そして、くりぬいた物を適当な大きさに切りひき肉と混ぜ味付けをした物をくりぬいたなすに再度詰め両面こんがりと焼く。焼いた物にケチャップをかけできあがり。早い話が、肉詰めピーマンのなす版ですね。 ビールにも赤ワインにも合う一品。

以上、なす料理のほんの一部を紹介しましたが他にいろいろな料理法があると思います。皆さんもいろいろと作ってみてくださいね。

[Kazuya Tanabe / 先日初めてサイゼリヤに行きました。低価格なのにいい感じのイタリアンが堪能できたけど、カプチーノにはやっぱりシナモンでしょう!]

  UP
音楽浮遊 宇多田ヒカル「FOR YOU」
jacket いやー最近何を思ったのか宇多田ヒカルの「FOR YOU」を購入しまして。今までトップ10ヒットするような、しかも1位を取るようなシングルなんて買ったことなかったのに、ついつい手が出てしまいました。テレビとかコンビニでかかってるのを聞いてるとリズムしかないのかって感じなんで、それが逆に面白くて気になってました。それで雑誌とかを読んでるとちょうど「FOR YOU」の歌詞のことが書いてあった。それが何か心に引っかかったのかなんなのか。その歌詞とその時の気分とが見事にシンクロしたんだろうね。その足でタワレコに直行しましたよ。今までそんな直情的に、その日の気分でCDを購入したことなかったのでそれもまた自分にとってはビックリで。
 で、結論的にどうなの?「FOR YOU」は? うーん。スネアの音とブリッジの時に鳴るウワモノがすき。カップリングはアレンジ自体が肌に合わなくて聞いてません。・・・そんな感じ。あ、ところで宇多田ヒカル巨乳説は本当なのかね?
[makoto kawamura / しょせんそんなもんさ。]
  UP
LOVE CONNECTION 形あるもの
「形のあるものはなくなってしまうんだよ」って、あっさり言い切られても困るんだ。僕にとって大切な人がもしも消えてしまうとして、納得の行くことと行かないことってあるんだ。僕のことが嫌いになって姿を消すのは構わないんだ。それ以外の理由は納得できないんだ。
[motoi araki / 生命って重いよね。]
  UP
COMMUKET OFFICE mail to tbx@may.sakura.ne.jp
editor in chief : MOTOI ARAKI
support : NAOKO OHSHIMA
art director : MAKOTO KAWAMURA
co-writers : KAZUYA TANABE, HIROKO IZUMI, EMI TSUJI, JUN'ICHI MORIMOTO
special thanks :
T・L・MT, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura, Akira Toga, Yu Kitamoto, Keiichi Morita, zucca, Nao Fujita, Hiroshi Minato, Chitose Minato, Taichi Takashima, Tomokazu Masuyama, Tatsuya Iwata

Copyright(c) 2000 COMMUKET OFFICE. All rights reserved.