Commuket issue NO.
034
MAY-22-2000
■毎週月曜日更新■
   
今週のコミュケット
   
COVER STORY
dot
原付のるぞぉ〜!
 生まれてこの方、身分証明になるモノと言えば保険証かアマチュア無線の免許(これは身分証になるのか不明。でも顔写真があるから身分証になってほしいなぁ)しか持ったことが無い上に、アマチュア無線の免許証は財布ごと紛失した後再発行していないときたもんだ(爆死)
 ってんで、現在一発で効力のある証明書が無い身分からとっとと脱出したいなぁって思っていたんだけど、ついに私もバイクの免許を取得しようという気になって来た(笑)。
 つーても、しょっぱなからでかいバイクに乗るのはやっぱ怖い(ホンマかいな)ので、まずは原付からチャレンジ。
 思い立ったが吉日ってことで、速攻受けに行こうかと思ったんだけど、誕生日が来月に迫っているので、免許の有効期限を有効に使おうってことで、誕生日直後に受験する事に決定(爆)。
[Naoko Ohshima / 数週間後には、この続編をご紹介できるかも(笑)。ってことで乞うご期待♪]
  ↑UP
ハッピーマクド

Apple Computer, Inc.
 本日からこのコラムを担当させて頂くことになったjun1ことJun'ichi Morimotoです、若輩者ですがよろしくお願いします。
 さて、このコーナーの目的ですが、魅力的にもかかわらずシェア率の低いMacintoshの楽しさをわかりやすく紹介していこうと思っております。「みんなが使ってるからWindowsにした」「MacもWinも変わらないんじゃないの?」というような方、是非読んでみて下さい。
 Macintoshは基本的にApple Computer1社のみで開発&販売されています。よって他メーカーから販売されているIBM DOS/V互換機のようなものはありません。(以前に一部他社製の互換機もありましたが、現在は販売&開発共に終了しています)多分Apple Computerは今現在でハードとOSを共に供給する会社です。
 ハードとOSを両方を同じ会社で供給するメリットは、ハードとOSの親密性を高めることにあります。これによってMacintoshはより高いクオリティーのマシンを提供することが可能なのです。
 実のところ(CPU性能を除く)ハード性能はDOS/Vとあまりかわらないか、やや劣る程度です。しかし、MacOS(Macintoshに搭載されているOSの名称)にはそれを補ってあり余る魅力を備えているのです。それが「万人にわかりやすいインターフェースです」これは急速にパソコン人口の増える現在のパソコンOSで最も大切な部分です。直感でやってみるとできてしまうインターフェースなんですね。はっきり言ってMacOSじゃなきゃ私はMac使ってません!(って当たり前か)
 次に本体のデザインです。人によってはあまり関係のないことなのかも知れませんが、これが非常に重要なのです。Macのデザインは非常に革新的なのです。他メーカーに言わせれば「デッドスペースがあり過ぎ」「自己主張が強すぎる」と言われてしまい、それで終りなんですが、このデザインによって持つことの喜び(自己満足)が得られて幸せこの上なしです。(かなり無理矢理だ)他社がマネして訴えられるほどそれだけ素晴らしいのです。(笑)
 他にもカスタマイズの容易さや、インストールのしやすさなど色々あるんですが、一番の違いはやはり上の2つですね。どうですか?少しはMacについてわかってきましたか?次回はさっきもあげた「デザイン」をテーマにお話してみたいと思います。
[Jun'ichi Morimoto / 「じゅにち」じゃないっす、「じゅんいち」です。]
  ↑UP
GOURMAND  今週のお勧めは、「長い間寝ても疲れがとれない!」とか体が常時お疲れモード、いわゆる五月病の貴方におすすめの、神戸・加古川・姫路方面でおなじみの2国ラーメンのニンニクラーメン(660円)です。
 ここでなぜ2国ラーメン(チャーシュー大盛・ニンニク入り・キムチ入りのものをそう言う)じゃないの?と疑問が起こると思います。理由はキムチはちょっとね…スープの味が変わり、ぬるくなるから…もし、ピリ辛が欲しかったら、入れ放題のにら唐辛子を入れればいいし。
 と、いうことで食してみると最高。スープは最近流行のこってりした感じのスープにしょうゆ味。しかし、見た目はそうでも飲んでみると意外。コクはものすごいけど、あっさりしている。麺は、ごく標準の太さ。でも、こしがある。スープとのバランスがちょうどいい。
 最後のとどめにチャーシュー切り落としの上にこんもりと大量に盛られたニンニク!これを少しスープに浸し、一緒に飲むとスープのコクとニンニクのおいしさが調和してなおいっそう美味。また、麺やチャーシューに絡ませて、もちろんそのまま食べても最高になれる。
 また、一緒にニンニクたっぷりのギョウザ(280円)と一緒に食べてもよし。これも最高!もし、チャーシューがたくさん食べたいという時は、ニンニクチャーシューという組み合わせも可能なのでこちらもお勧め。
 最後にこのニンニクラーメン、体を元気にしたいときやニンニクが食べたい(あんまりいない?)にはZEHIお勧め。もちろん普通の時に食してもいい気分になれて元気になれること間違いなし!
[Kazuya Tanabe / たなあ所長もかなりひどい5月病!それも5月初めからずっと疲れがとれない…と、言うことで実際5.19(FRI)にニンニクラーメンを食してきたばかり。]
  ↑UP
COMMUKET OFFICE mail to tbx@may.sakura.ne.jp
editor in chief : MOTOI ARAKI
support : NAOKO OHSHIMA
art director : MAKOTO KAWAMURA
special thanks :
T・L・MT, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura, Akira Toga, Yu Kitamoto, Keiichi Morita, zucca, Nao Fujita, Hiroshi Minato, Chitose Minato, Taichi Takashima, Kazuya Tanabe, Tomokazu Masuyama, Tatsuya Iwata, Hiroko Izumi

Copyright(c) 2000 COMMUKET OFFICE. All rights reserved.
   
link backnumbers img_board board