Commuket issue NO.
030
APR-17-2000
■毎週月曜日更新■
   
今週のコミュケット
   
COVER STORY
photo
MP3。
 MP3ってご存じですか?パソコンでCDの曲を聴くには音楽CDをパソコンに投入すればそれでおしまいなんですが、HDDに音楽データを保存することも可能です。で、CDと同じ音質で保存しようとすると、1曲につき30〜50MB近くものデータになってしまうんですが、MP3って形式にすると、その1/10、3〜5MB程度で保存できたりします。一昔前ですと、HDDの容量も少なかったので、何十曲も保存するとなると、空き容量が気になるんですが、今のパソコンって、購入した時点で20GB位ついているのが常識となってますよね。ハッキリ言って、普通にパソコン使っている程度だったら、20GBも使い切れません(笑)。まぁ、パソコンに音楽データを保存するだけだったら、別にわざわざ保存しなくても、聴きたいCDをパソコンに聴きたいときにセットすれば良いんですけど。
 なんでわざわざ引っ張りだしてきたかというと、MP3レコーダっていう、ウォークマンみたいなのがあるんですよ、これが。MDウォークマンよりももっと小さくって、バッテリーも結構長持ちするし、今までのウォークマンと同じくらい、環境に依ればそれ以上の音楽データを読み込んで外出時でも聴けてしまうんですよね。
 価格もかなりお手頃な価格になってきているので、そろそろ Getしたいなぁ、なんて思ってしまう今日この頃です。しかしなんていうか・・・気がつけば何でもパソコン経由の時代になってきましたね。私たちの子供が私たちと同じ年代になる頃にはどんな環境になっていることやら。
[Naoko Ohshima / MP3データの利用は個人の娯楽の範囲内で。]
  ↑UP
うっかりピース君
photo
〜松葉杖と憧れの崩壊〜
 4月某日。桜が咲くか咲かないか迷っていた時、あたしは家の中ですっ転んで左膝を怪我した。大した事はないと思っていたが、腫れがひどくて自由に動けない。う〜ん・・・困ったものだ・・・。
 怪我をして3日後、さすがに痛くて動けないので整形外科の外来に受診した。整形外科に受診をするのは、5年前の祭りでメチャクチャ酔っ払って右足首を捻挫して以来の事だ。「バカじゃねぇ〜の?」と言われてしまうだろうが、もう過去の話なので許していただきたい。
 久し振りにドキドキしながら、診察の番を待った。待っている間、怪我をしたところがジンジンしてメチャ痛い。普通に歩けない・・・(泣)左に重心をかける事が出来ないのだ。
  結局、松葉杖を借りる事になった。
 この松葉杖、小さい頃にめっちゃ憧れたものだ。まだ小学生だった頃、怪我をして松葉杖をついている友達がいた。みんなにちやほやされて、心配してもらって…注目されていた。その元になっているのが…松葉杖…。「いいなぁ〜…。あたしも松葉杖使いたいなぁ〜…。」あたしは、友達からほんの少しの間松葉杖を借りて遊んだ。怪我をしてないのに、怪我をした気分…この感覚が意味もなく嬉しかった。本当に怪我をするのは痛いから嫌だけど、擬似体験がしたかったのだ。
 学校から帰って、母親に「ねぇ〜ねぇ〜お母さん。今日ね,松葉杖で遊んだよ!!!」と張り切って告げると、「そんな事して遊ばないの!ばかちん!!本当に松葉杖使う事になっちゃうよ!」と思いっきり怒られた。
 そう怒られたから、もう松葉杖で遊ぶ事はなくなった。本当に怪我をしてしまうのが怖かったからだ。でも…相変わらず、松葉杖に対する憧れを持ったまま、23歳になった。そんな事を思い出しながら、松葉杖でレントゲン室へ向かった。
 「はぁ〜…昔松葉杖で遊んだから、こんな事になっちゃったのかなぁ〜?ごめんなさい…。」心の中では、知らぬ間に昔の事を懺悔していた。
 松葉杖で動くという事は、結構な重労働だ。なにしろたった2本の棒で、全体重を支えなければならないからだ。腕も筋肉痛になってくる。「普通に歩きたい…。」心の中では大泣きしながら、松葉杖を使っていた。小さい頃に憧れていた「松葉杖」のイメージは、もう影も形も無かった。
 この病院のレントゲン室には、高校の同級生が働いている。「う〜ん…こんな姿見られたくないなぁ〜…。」そう思っていると、ばったり会ってしまうものだ。
 「IZU…どうしたん?」心配そうに覗き込む友達。「あぁ〜、大した事無いから…あはははは」無気力に笑って誤魔化しておいた。家の中ですっ転んで、膝を怪我したなんて・・・恥ずかしくて死んでも言えない。
 レントゲンの結果、骨には異常が無い事が判明した。あぁ〜・・・良かった。ギブスをしなくて済むぞ。
 余談になるけど、ギブスをはめると必ずギブスに落書きをしてくるヤツがいる。「バカ」とか「骨折りました」とか「●●愛してる」なんていうのはまだ可愛い方で、中には、女性性器そのものの絵を描くヤツとか、「チン●」とか書くヤツとか・・・。しかも、それを目立つところに書いてくれるから始末が悪い。
 ギブスはしなくても済んだが、湿布を貼って「弾性包帯(注)」で患部を巻く事になった。しかも移動は…松葉杖…。
 結局この「弾性包帯」と「松葉杖」が、後からあたしを苦しめる事になったのだ。さて次回のエッセイでは、どんな展開が待っているのか…。アドレスはそのままで(笑)!
 (注)弾性包帯:伸縮する包帯のこと。主に関節を怪我した時に用いられる。
[Hiroko Izumi]
  ↑UP
GOURMAND PHOTO 今回は、前回の予告通りある飲み物の研究結果から、今週のおすすめをご紹介しようかな?と思っていたのですが、まだ、研究し尽くしていないので来週以降に紹介します。と、いう事で今週のお勧めは「源のますのすし・1100円」です。この「源のますのすし」は富山駅の人気駅弁であり、スーパーなどの駅弁祭り等のイベントでも大人気なので、皆さん1回は目にしたことがあると思います。
 まず、ますのすしの紙ふたを開けて中身を取り出してみると、エゾマツで作られたまげもの容器が出現。そして、輪ゴムを取り木のふたを開けてみると、次は、何枚のも熊ささにくるまれたますのすしが登場。そして、ささをめくっていくと待望のきれいな紅色のますのすしが姿を現す。最後に、付属のナイフで、ケーキを切り分けるようにきちんと8等分に切り美味しく頂くといった一連の流れで「きれいで食べるのがもったいない」「美味しそう」という、満足感に浸ろうという心配りがなされている。
  いざ、このますのすしを食してみると、程良く味付けされたすし米、そして、ちょうどいい厚さにスライスされ、臭みがほとんど感じられない鮮度の良さ、口にくわえるとちょうどよい歯触りのます。次に、ますのすしを包んでいる、ささの葉と松のよい香りが口の中いっぱいに広がると、いった、それぞれがよいコンビネーションを醸し出し、これは美味しい!満足!最高!また食べたい!と、いう衝動に駆られるほど「美味」!である。
  やっぱり、料理は目で食べるものという言葉がきちんと当てはまると思う。そして、食も芸術の1つですね。皆さんも富山駅に行ったときはもちろんのことスーパーやデパートで、この「源(に限る)」のますのすしを購入して食してみることをZEHIお勧めします。必ず、あまりの感動とおいしさで至福の幸せに浸れること間違いなし!!たなあ所長もこの「ますのすし」を見かけると、必ず買ってしまうほどの大ファンです。なぜなら、心の中がいい気分になれるからね。
[Kazuya Tanabe]
  ↑UP
LOVE CONNECTION  いろいろな物事を美しく見せようとするには相手を信頼することが必要になってくる。相手に対する気持ちが欠けた途端すべての物事は醜くなってしまう。自分は相手の力量を把握し、相手は自分の力量を把握している状態でやっとイーブンになる。
 「喧嘩するほど仲がいい」なんて無責任なセリフもあながち間違ってないんだ。恋愛にまで至らなくても自分の気持ちを素直さの限界まで突き詰めていって伝えることができる…形は不恰好でも美しく見えると思うんだ。他人は自分のことを言うほど意識していないって思い込むのもいいけど、意識し てほしがってる自分自身にも気づくこと。苦しい思いをしてても簡単に助けてもらえない。思いを口にすることですべてが広がる。たとえ失敗しても…
 信頼できる相手、いますか?友情とか愛情なんていう「情」でくくらないで自分が素直になれる人。
[motoi araki]
  ↑UP
COMMUKET OFFICE mail to tbx@may.sakura.ne.jp
editor in chief : MOTOI ARAKI
support : NAOKO OHSHIMA
art director : MAKOTO KAWAMURA
special thanks :
T・L・MT, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura, Akira Toga, Yu Kitamoto, Keiichi Morita, zucca, Nao Fujita, Hiroshi Minato, Chitose Minato, Taichi Takashima, Kazuya Tanabe, Tomokazu Masuyama, Tatsuya Iwata, Hiroko Izumi

Copyright(c) 2000 COMMUKET OFFICE. All rights reserved.
   
link backnumbers img_board board