technical box presents COMMUKET
■毎週月曜日更新■
FEB-07-2000
issue no.020
information
●今週の特集は祝20号突破!「シリーズ企画・インタビュー・ウィズ・ユー」の Volume.1です。まずはコミュケット主催者であり編集長でもあるMotoi Araki氏が登場。
●フリーコラムも継続して募集中です。コミュケットオフィスまでお送り下さい。
 
boards
●掲示板
ライターへの問いかけや、ゲストブックなどとしてもお使い下さい。
●画像添付型掲示板
気になる「モノ」や「ヒト」の画像などをメッセージと共に載せることができます。
 
●バックナンバー
ここからバックナンバーが読めます。読みたい号をリストから選択して下さい。
 
voice
●リンク
「コミュケット」スタッフホームページなどを中心にいろいろなサイトを紹介しています。
 
「日頃の出来事や想い」を書き綴るWEB-PAPER
title
●コミュケットの新企画として、mail interviewを始めることになりました。コラムからじゃ分からないスタッフやライターの方の素顔を見せていければと思って・・・とりあえず編集長からということでよろしく。
iconそれはいいアイディアやわ。コラムは嗜好性が極端に出ちゃって、面白いんだけど逆にそれが、先入観につながったりしそうで難しいもんね。
●早速なんですけど、motoiはインターネット始めてどのくらいになる?
1年と3ヶ月ほどになるかなあ。最初はインターネットなんてとんでもないと思ってたから。始めるのが怖かった(笑)。
●情報発信するなんか考えてませんよね。始めたときは。
そうそう。片っ端から雑誌に載ってるURLにアクセスするのが関の山だった。それが今はこんなことになって(笑)。自分でも驚いてる。
●webも夢中だと思うんですけど、他にうちこんでいることってあります?
仕事かな・・・嘘嘘(笑)。うちこんでいることってないよね。なんでも中途半端なのが現状だと思う。新しい事をしたいという気持ちは持ちつづけてるけど、体がついてこなかったり。
●その、新しいことって気になるんですけど・・・
聞きたい?ずばり「転職」。
あるタレントがいってた「年中夢中」って言葉に憧れてる。無駄な時間は過ごしたくないしね。 photo
●「転職」するってかなりパワーが必要そうなイメージあるけど、なんかビジョンとか?
今、郵便局員やってるんです内勤で。仕事自体はヤリ甲斐あるし、悪くないと思うけど、どんな仕事でも納得行かない部分ってあるやん。
●そりゃ皆さんそうでしょう。100%納得して仕事する人なんかいないですよ。
僕も100%納得したいなんて贅沢はいわへんって。でもお客さんに対して後ろめたさ覚えることが最近多いから、決断した。
●なんか、変わった理由ですよね。普通って処遇とか職種が合わないとか人間関係とかが転職の原因でしょ?
簡単に言っちゃうと、自分が誇りを持てない商品はお客さんに薦められないってこと。だからっていって、営業成績挙げられない奴は営業の仕事しちゃいけないと思うし。
●なんとなく、わかりますけど。でもその辺割り切って仕事するのが社会人じゃないんですか?
う〜ん、子供っぽいのか理屈っぽいのかわかんないけど、客商売で客を利用するのは反則だと思う。
●いままで、どんな仕事してたか気になりますね。
高校から大学にかけて郵便配達して、大学辞めてから現金輸送車の警備員。そんで今。
●なんか郵便局で仕事するための職歴じゃないですか。
やっぱりそう思います?もちろん最初はやる気あったんやけど、2日で辞めたくなった(笑)。それからはロッカーに辞職願置きながら仕事してるし。
●なんか鬼気迫るものを感じますよね(笑)で、転職先は考えてるんですか?
工業高校の実習助手。でもかなり門が狭いから、小手先だけの準備じゃまず無理。知識と体力と精神力をこの1年で鍛えなおさないといけないと思う。
●ボクサーがタイトルマッチに備えるような雰囲気ですね。
でもあんまりストイックにもなりすぎずに、いろいろなことに夢中になりたい。テレビであるタレントがいってた「年中夢中」って言葉に憧れてる。無駄な時間は過ごしたくないしね。
●それだけ目標が決まってたら、ヤルだけですよね。
迷わず行けよ、行けば分かるさって感じで(笑)。
●最後にこの「コミュケット」を主催していますが、それを通して何か得たものはありますか?もしくはそれで自分が変わったなぁと思うことはありますか?
icon自分の好きなものを好きっていうのは簡単な事やけど、人の好きなものを受け入れるってのは難しいことやと思うんよね。 でも、コミュケットはじめてからそういうことに慣れてきた自分がいる。編集作業でもそうやけど 自分で原稿を書いたリ、人の書く原稿を読んだりするのって 色々発見がある。初めて虫眼鏡でものを覗いたみたいな(笑) だから嫌いだって決めつけてたものでも、ちょっと落ちついて 試そうかな(笑)って気になりました。そんなとこかな。
●ありがとうございました。

感想、質問など:tbx@may.sakura.ne.jp
 
topics
インフルエンザ。
 ちまたではインフルエンザが流行っていますね。死亡者も出ているとか。みなさんもお体には充分気を付けて下さいね。で、先日出かけていた時のこと。電車の発車まで時間があったので、ヘビースモーカーの私は喫煙コーナーでプカプカ。そこを重装備(爆)の女の子がフラフラとやってきた。寒いもんなぁ〜と横目で見ながらまたプカプカ。するとその女の子がおもむろに携帯電話を取り出してダイヤル。彼氏にでも電話するのかなぁとまた横目で見ながらプカプカ。「私ぃ〜。さっき病院いってきてさぁ、インフルエンザだってぇ。」・・・げげっ。「チョー流行に乗ってるってカンジぃ?」・・・をい。それどころぢゃねーんだよ(汗)。無意識にその女の子から数歩離れていたのだが、他のヒトも同じように数歩逃げていた(爆死)。結核とかぢゃないから、逃げる事はないんだけど、やっぱうつってしまったら困るからねぇ・・・(苦笑)。[Naoko Ohshima / こういう流行は勘弁して欲しいよね〜]

引き続き、原稿募集中!まずはメールで。問い合せ先:tbx@may.sakura.ne.jp
 
Gourmand
 今回のおすすめは「ほっかほっか亭」の「普通の唐揚弁当390円」です。なぜ、スペシャルじゃなくて普通なの?という疑問が生じるところですが、その理由を2つ挙げましょう。
 最初の理由は単純で、「唐揚げ」の数が違う!普通は5個に対し、スペシャルはたったの3個に減ってしまう!さらにコロッケなどの揚げ物が追加されるので揚げ物フルコースになってしまう点。次に「唐揚げ」が違う!食べて見ると、鳥もも肉(皮付き)からあふれ出るジューシー肉汁。また、添付されてくる「ゆずしょうゆ」を付けなくてもしっかり味がついている衣と肉。と、いうことでご飯が美味しく食べられる「唐揚げ」だ!といった以上2点。
 以上2点を合わせてみるとかなり美味しい「唐揚げ」だということがおわかりになると思います。実際、他店の唐揚げや総菜コーナー等で販売されている唐揚と比べモノにならないほど美味なんです。
 そこで、そのままでも美味しい「唐揚弁当」をもっと美味しく食べられるコツを伝授します。とにかく、お昼時の11:30〜12:00に買いに行くことです。なぜこの時間帯かというと、昼休みに大量の需要が発生する事を見こんで、「唐揚げ」をある程度ストックしておく為にこの時間に揚げているからなんです。・・・ということでこの時間帯に行けば揚げたてが賞味出来るんです。(^^)もしくは、フライヤーに「唐揚げ」のストックがないとき(しっかり厨房を確認!)かな。この時は大抵14時以降〜閉店近くまでが当てはまるので、みなさんもポイントを押さえてZEHIこのジューシーで美味しい唐揚を賞味してください。
 最後に5個も「唐揚げ」がいらないという方に朗報です。「唐揚げ」2個をスライスした物と「ちくわの天ぷら」の下にのりを敷いたご飯。 さらにタレをかけて賞味する、「とり肉弁当360円」もさっぱりしたものを食べたいという時におすすめです。でも、とり肉弁当はタレを全部かけてしまわないでくださいね。タレの味しかしなくなるんです・・・丁度半分ぐらいかけて賞味するとベストだと思います。
 今週はこんな感じ。ランチにディナーにZEHIおすすめします。ほっかほっか亭のとりこになることは間違いなしですよ![Kazuya Tanabe / 身近な食にこだわりを見出すため、日々是研究?]
 
special story
photo 可不可-Ability Inability
「un production」のメンバーが「walkend」という映像集団を作り1997年に発表したビデオ作品のシナリオや写真などを掲載しています。男女二人の逃避行と子供たちの淡い企みが巧みに織り成す幻の作品。
mail to us
letter
tbx@may.sakura.ne.jp
 
credits
staff:
editor in chief :
MOTOI ARAKI
support :
NAOKO OHSHIMA
art director :
MAKOTO KAWAMURA
special thanks :
T・L・MT, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura, Akira Toga, Yu Kitamoto, Keiichi Morita, zucca, Nao Fujita, Hiroshi Minato, Chitose Minato, Taichi Takashima, Kazuya Tanabe, Tomokazu Masuyama, Tatsuya Iwata

Copyright(c) 1999 technical box. All rights reserved.