technical box presents COMMUKET
■毎週日曜日更新■
JAN-10-2000
issue no.016
information
●今号が2000年初の「週刊コミュケット」となります。本年もどうぞヨロシクお願い申し上げます。
●特集は「21世紀に残したいこの曲」です。
 
boards
●掲示板
ライターへの問いかけや、小ネタの公開・ゲストブックとしてもお使い下さい。
●画像添付型掲示板
気になる「モノ」や「ヒト」の画像などをメッセージと共に載せることができます。
 
●バックナンバー
ここからバックナンバーが読めます。読みたい号をリストから選択して下さい。
 
voice
●リンク
「コミュケット」スタッフホームページなどを中心にいろいろなサイトを紹介しています。
「日頃の出来事や想い」を書き綴るWEB-PAPER
TITLE
photo Selection of
Hiroshi Minato
●LOVE PHANTOM / B'z
最初聴いた時の衝撃が、今も忘れられない。
●男と女 / CHAGE&ASKA
歌詞にもあるように「何時の時代も」心の支えとなる1曲でしょう!
photo Selection of
Chitose Minato
●BIG TREE / CHAGE&ASKA
PRIDEも良い曲だけど、あえてこの曲にしました。これこそ大作でしょう!!
●どうしても君を失いたくない / B'z
これは、結婚式の退場曲として予定されていたもの。しかし、ホテル側の間違いによりとうとうかけてもらえなかった曲。これはB'zファンでなくても聴いて頂きたい。
●YAH YAH YAH / CHAGE&ASKA
やっぱりこれはコンサートでも盛り上がるし、この曲が出た時は衝撃が走りました。またこんな曲を書いてもらいたいなぁ。
photo Selection of
Masaki Fujishiro
●BEAUTIFUL NAME / Godiego
「人権」という堅いテーマを、かんたんな言葉で素直に伝えてくれる。 私達には、一人に一つだけという平等な条件で、本名がある。「先生」でもなく「お母さん」でもなく「あいつ」でもない、名前が。人を人として尊重することを忘れないように、21世紀にも残したい。
●軍艦マーチ / 瀬戸口藤吉作曲・鳥山啓作詞
戦時中は勿論、戦後高度成長期ではパチンコ店のBGMとして有名。日本のしてきた過去のあやまちを、曲を聴くたび思い出して反省できるように、密やかに残って欲しい。
●We are the World / USA for Africa
USA for Africaは40人以上の全米著名Artistが集まって作られたユニット名。Michael Jacksonと、Lionel Richiが作詞・作曲を担当した。2小節ずつ順番で歌うソロ部分と、全員で歌うサビ部分とで構成される。中学3年の時の合唱コンクールの自由曲で、私には思い出深い曲。21世紀は日本人Artistの「夢のユニット」が実現するよう、期待をこめて。
photo Selection of
Makoto Kawamura
●People Get Ready / Curtis Mayfield
ちょうど去年の暮れ、1999年12月23日に他界したカーティス。そのニュースを聞いた時、とても寂しかった。熱烈なファンって言う訳でもないけれど、好きだった。 あのファルセットは黄金の輝きを持ってたと思う。他界のニュースの後、流れたのがこの曲。以前ロッドスチュワートのバージョンでこの曲がCMで使われていたので聞けば分かる人もいるはず。
●Family Affair / Sly & The Family Stone
この曲を初めて聞いた時、テープで聞いたんですが、「あれ、録音の仕方を間違えたかな?」とか思ったんです。それぐらいコモッタ音でレコーディングされているんです。それが聞いていくうちに渋くなってこの曲の持ち味になるのが不思議です。たぶん演奏や唄などにそれが凄くマッチしているからだと思うんです。ドーナッツ盤で、ホコリがプチプチいいながらも聞きたい一曲です。
●天使たちのシーン / 小沢健二
この曲を初めて聞いたのはいつだろう?高校生の時かな?オザケンのファーストアルバムを心待ちにして、予約までしたような気がする。そうそう、その時の特典でポスターを貰ったんだ。(コミュケットNO.6の写真に写ってるポスターです。)この曲は13分もあるんだけどそれを感じさせない浮遊感がある。カラオケでもあるんだけど13分も唄ってたら皆のヒンシュクを買うので、もっぱら家でオザケンとデュエットしてた。ビデオ「VILLEGE」で聞けるストリングスとコーラスが入ったライブバージョンがお勧め。
photo Selection of
Nao Fujita
●君が家に帰ったときに / ASKA
メロディと詞、両方に泣けました。僕はこのような雰囲気の曲を聴き続けていきたい。
●Love Song / CHAGE&ASKA
僕が一番好きな歌手の、一番好きな歌です。『君が想うよりも 僕は君が好き』かっこいいっすよね。
●ありがとう! / 関口義行
僕の師匠である関口さんの1曲。どの曲も甲乙付けがたいですが、やっぱりこの曲を。
●HOME / B'z
最近はよくコレを聞いていました。B'zの曲も、良い曲多すぎです。
●天気予報の恋人 / CHAGE&ASKA
やっぱりチャゲアスです。それだけは確信を持って言えますネ。
photo Selection of
Rika Kinjo
●時間旅行 / Dreams Come True
歌詞の中に2012年に金環食があるという部分があって本当に起こるのか確認したいから。
●平和の琉歌 / サザンオールスターズ
独自の沖縄音階と桑田ワールドが合体した一曲。歌詞の一言一言に重みがあってメロディーも自然と耳に入る。私のルーツであるからなのか、この曲は一度聞いただけで好きになった。
●君の事以外は何も考えられない / Mr.Children
知る人ぞ知る(?)ミスチルの名曲。アルバム未収録だったような・・・。素直な男心がとても共感を持てます。何時までもこんな気持ちを持ち続けられたら・・・。
●First Love / 宇多田ヒカル
これは個人的に思い出の曲なので・・・。(笑)

次週につづく。
引き続き「21世紀に残したいこの曲」募集中!tbx@may.sakura.ne.jp
topics
ブラインドタッチ
 ここの所、知人のチャットサイトが盛況である。雑誌に紹介されたとかで、沢山の人が試しに来ているので異常にユーザが増加しているんだが、キーボードの文字入力を皆さん真面目にやっているようで感心である。かくいう私はお陰様でブラインドタッチの状態で入力できるようになってはいるのだが、ホームポジションやら指のキー割り当てやら全くもって知らない(爆)。両手共3本程度しか指は使わずに入力しているので、しっかり5本キーボードに置いて打ち込む練習していると聞くと「ご苦労様〜」と思ってしまうんだが如何なもんだろうか。ここの読者は当然の事ながらパソコンを利用している訳だが、ブラインドタッチを真面目(爆)にマスターしようって思ったことあるんだろうか? あぁ、次の弊サイトのランキングはキーボードに関するアンケートにしようかなぁ。[Naoko Ohshima / Y2Kは蕎麦食べて乗り切りました(笑)]

引き続き、原稿募集中!まずはメールで。問い合せ先:tbx@may.sakura.ne.jp
 
Let the music play!
今週はお休み。
 
LOVE CONNECTION
皆さんはどんな人を好きになりますか?そしてどんな音楽を聴きますか?ちょっと強引な結びつけなんだけど、音楽の志向ってのは結構重要だと思うんだ。「○○のライヴ行こうよ」って誘ったり、車の中でかける音楽だったり音楽って人を結びつける接点だと思う。お笑いで言う「つかみ」みたいなものかな(笑)。今回「21世紀に残したいこの曲」と言うタイトルでアンケートをさせていただいたんですけど、皆さんいろんな音楽聞いているんだなぁと思いました。で、好きな音楽を聴くことはいいことなんだけど、そのほかのジャンルに目を向けても面白いよって話。僕が初めてCD買ったのは"SAY YES(CHAGE&ASKA)"なんだけど、買ったきっかけは当時好きだった人がチャゲアスファンだっただけの理由。高校に入って軽音楽部のライヴやとか、彼女が貸してくれるCD聞いたりとかで聴く音楽の幅ってすごく広がった気がします。その気になればFM放送とかCDレンタルとかライヴハウス行ったりとかして、普段聴かない音楽に触れることって簡単だと思います。2000年を機に(ちょっと強引?)新しい自分を探しがてら耳を澄ませてみませんか?その先には新しい出会いがあるかもしれませんよ。[Motoi Araki / 今週の木曜日、久し振りにライヴハウス行きます。今からわくわく。]
 
special story
photo 可不可-Ability Inability
「un production」のメンバーが「walkend」という映像集団を作り1997年に発表したビデオ作品のシナリオや写真などを掲載しています。男女二人の逃避行と子供たちの淡い企みが巧みに織り成す幻の作品。
mail to us
letter
tbx@may.sakura.ne.jp
 
credits
staff:
editor in chief :
MOTOI ARAKI
support :
NAOKO OHSHIMA
art director :
MAKOTO KAWAMURA
writers ever appeared :
MOTOI ARAKI, NAOKO OHSHIMA, MAKOTO KAWAMURA, ツァ1リー8モッツィー, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura

Copyright(c) 1999 technical box. All rights reserved.