technical box presents COMMUKET
■毎週日曜日更新■
DEC-19-1999
issue no.015
information
●あけましておめでとうございます。本年もどうぞ「週刊コミュケット」をヨロシクお願いいたします。
●コミュケットは今号を持ちまして、一旦お休みとさせていただきます。新年9日号より再開いたします。
 
boards
●掲示板
ライターへの問いかけや、小ネタの公開・ゲストブックとしてもお使い下さい。
●画像添付型掲示板
気になる「モノ」や「ヒト」の画像などをメッセージと共に載せることができます。みなさんからの投稿をお待ちしています。
 
●バックナンバー
ここからバックナンバーが読めます。読みたい号をリストから選択して下さい。
 
voice
●リンク
「コミュケット」スタッフホームページなどを中心にいろいろなサイトを紹介しています。
「日頃の出来事や想い」を書き綴るWEB-PAPER
photo
topics
数学のあの公式が消える・・・
電車の中の広告を見ていて、某学習塾の広告に目が止まった。国の教育政策に対する、批判表明がされていたのだ。2年後に実施されるらしい新学習指導要領の改訂で「台形の面積を求める公式=(上底+下底)×高さ÷2」が消える、こんな公式まで消すのでは、将来が不安でならない…と。なぜこんなことになったのかといえば、過酷な受験戦争、不登校、ストレスの発散方法としてのいじめ、といった、子どもの社会問題を解決するために、教育内容を減らさなければならないと考えられているからである。すでに、大学の入学試験科目が減らされ、試験科目以外の知識が欠落するために、大学の一般教養において、高校レベルに落して講義を受けさせるという事態が起こっている。このような弊害による学生の学力の低下もまた、深刻な社会問題となっているのだが、こちらは国としてはどうでもいいらしい。ただし、日本の大学のレベルというのは、世界から見ると、話にならないほど低いということを付け加えておこう。さて、学習内容を減らす方向に転換されたのは、もう10年以上前のことである。にも関わらず、つい先日、特に理数系は苦手が増えているという統計が出た。問題は、もっと別のところにあるという証明だろう。そしてかつて学生だった私は考えた。何かを覚えるということを、彼らは自らの欲求によってしているのかどうか、ということを。生きる目的と、目的に本気で立ち向かう強さがあれば、それを達成させるために学ぶというのは、必然となるものだ。それがないのは、大人たちが、生きる目的を見つけにくい世の中しか見せられないでいるからではないか? せめて心有る大人たちだけでも、いつも目的をもった生き方を、見せてあげて欲しいと思う。[Masaki Fujishiro]
 
方言とヒト
私の周りには結構地方の言葉を喋る人がいる。何年住んでも関西弁を喋れない人もいるがたったの1年でぺらぺらになった人もいる。ここで逆に関西人が他の都市に行ってその土地の言葉をマスターできるかと言うとどうだろう?私の周りでは皆無である。東京に5年住んでる友人は就職したにも関わらず、クライアントに関西弁で営業しているらしい。関西人は頑固なのか?はたまた意地っ張りなのか・・・?でも、やっぱり生まれ育った土地の言葉はその人の人格形成に多大なる影響を及ぼしているのだろうから、できればその言葉を使って「自分」というものを表現するのが一番「その人らしさ」が伝わるのかも知れない・・・。遠まわしな言い方になってしまったが変に方言を隠さないで欲しいと言う事が言いたいのである。かく言う私の彼氏も神戸に出てきて7年。方言を忘れてしまっている。一度でいいから聞いてみたい!彼の「ほうやけんの〜」を。[Rika Kinjo]
 
寒い夜だから・・・
あ、別に某ミュージシャンの歌ぢゃありません(汗)。寒い夜には鍋が最高ですね。鍋の利点って結構あると思うんですが、どうでしょうか。家族で鍋を囲むのって、なんか暖かみが有って良いですね。料理を作って提供する立場(爆)からすると、材料の用意さえしてしまえば、後は家族が嫌がりもせず進んで鍋作成にいそしんでくれるので手抜きができたりするのも良いですね(爆)。あ、ただ単に手抜きがしたいだけなんだろうか(汗)。しかし、鍋って種類がたくさんある、っていうか、何を入れてもおかしくない。家庭毎にオリジナルの具材とかあるように思う。先日こちらでお雑煮の募集をしていたが、鍋でも情報を集めてみても良いかも知れない。かくいう私は水炊きが好きで、鍋をすると決めたら、手羽先を買ってきて鍋でことこと煮込んでスープを作る。それをベースに鍋野菜をどかっと放り込んで頂くのがお気に入り。あなたの好きな鍋はどんな鍋ですか???[Naoko Ohshima]

引き続き、原稿募集中!まずはメールで。問い合せ先:tbx@may.sakura.ne.jp
 
Let the music play!
photo 2000年いう区切りがあるならば僕たちが生きた1900年代はめまぐるしい変化に富んだ年月だったなんて思うだろうし、2000年なんて大して気にしなければ来年は僕が25歳になる年か、なんて思うだけ。それで25歳の人を800人集めると2000年になるぞ、なんて馬鹿な計算をしてみるわけだけど論理的にそれは不可能だ。それを考えると時間という大きな概念とパラドックスの関係が微妙に認識されるようで面白い。ただねぇ。来世紀は2001年にならないと来ない。でもコンピュータ上では「00」なんてリセットされたみたいになるし。あやふやな年になりそう2000年。そんな時にはどうでしょう?「STEPHEN STILLS/LOVE THE ONE YOU'RE WITH」。シンプルなメッセージを胸に抱いて生きていく。「汝、隣人を愛せ。」・・・違うな。もっとインティメイトな状態を・・・「愛し愛されて生きるのさ」←ちがう、ちがう!!「親しい中にも礼儀あり」・・・かな? [Makoto Kawamura]
 
LOVE CONNECTION
ネタがどこまで続くかな?なんて感じでやってきた「ラヴコネ」ですが、案の定一時停止。なんか「恋愛」って事自体に自分自身が面白みを持てなくなってきたことが一因かも(笑)。嫉妬・わがまま・怒り・悲しみいろんな人の感情が総合的に混ざり合って2人の運命を決定付けるような大きな事を斜め読み感覚で見ようとするのが甘かった。僕自身人を好きになることは多かったけど、付き合うことができたのは、1人だけだし。そんな奴が何を語ってんだ?って思う方も多かったと思う。恋愛関係の相談に乗ることは多かったから、そこからネタを出してきても良かったんだけど実際無理じゃない。あきらめと悲しみが入り混じって投げ出したくなった気分やわ。辞世の句じゃないけど、好きな人を見つけてください。理由なんか要らない、理性なんか関係ない。自分の気持ちが落ち着く場所を探すこと、相手の気持ちを受け入れる強い自分を作ること。道のり?早さ?時間?それがどうした。多少つらい事には目をつぶって前向きに生きていこうよ。皆様良いお年を。[Motoi Araki /仕事でイライラ、欲しかったPaul smithのバック売り切れてイライラ]
 
special story
photo 可不可-Ability Inability
「un production」のメンバーが「walkend」という映像集団を作り1997年に発表したビデオ作品のシナリオや写真などを掲載しています。男女二人の逃避行と子供たちの淡い企みが巧みに織り成す幻の作品。
mail to us
letter
tbx@may.sakura.ne.jp
 
credits
staff:
editor in chief :
MOTOI ARAKI
support :
NAOKO OHSHIMA
art director :
MAKOTO KAWAMURA
writers ever appeared :
MOTOI ARAKI, NAOKO OHSHIMA, MAKOTO KAWAMURA, ツァ1リー8モッツィー, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, Kentaro Tamura

Copyright(c) 1999 technical box. All rights reserved.