technical box presents COMMUKET
■毎週日曜日更新■
NOV-14-1999
issue no.010
information
●コミュケットに、何か載せてみたいというあなた!悩む前にぜひお送りください。
●11月8日にテクニカルボックスWEBサイトが1周年を迎えました。
●今まで原稿を書いて下さったライターの皆様の名前を「credit」に追加しました。
 
boards
●掲示板
通常の掲示板です。コメント・ご意見待ってます。ゲストブックとしてもお使い下さい。
●画像添付型掲示板
気になるモノやヒトの画像をメッセージと共に載せることができます。
 
●バックナンバー
ここからバックナンバーが読めます。読みたい号をリストから選択して下さい。
 
voice
●リンク
「コミュケット」スタッフホームページなどを中心にいろいろなサイトを紹介しています。
「日頃の出来事や想い」を書き綴るWEB-PAPER
photo
topics
ニセ500円玉
先日、営団地下鉄に乗ろうとして切符を買った。190円の切符を購入、小銭が無かったので千円札をぶち込んだ・・・当然おつりは810円・・・が、渦巻き模様の金属と310円が目の前に。まだあったんですね、ニセ500円玉。思わず記念に持って帰ろうとしかけた(をい!)が、すぐさま窓口に持っていって無事交換できた。あぁ良かった。500円玉使えない自販機がいっぱいで面倒だなぁなんて思っていたら、ここ最近使えるようになった自販機も多くなって。あぁ、もうニセ硬貨騒ぎは収まったんだぁなんて思っていただけに、驚きでした。はひ。(Naoko Ohshima / 最近ついてないことが多いです・・・)
天体観測
♪指輪をくれる?一つだけ/2012年の金環食まで待ってるから/とびきりの奴を忘れないでね/そうよ、太陽のリング (c) DREAMS COME TRUE この歌の通り、本当に日本で金環食が見れるのでしょうか?2012年、私は37歳。何をしているのでしょうか・・・?今年もまた「しし座流星群」が見れますね!ピークは18日の午前3時から5時ごろだとか・・・。職場の人達と車で見に行くつもりです。いっぱい願い事をしよう! 皆さんは「星に願いを・・・」何を願いますか?(Rika Kinjo / 来年には叔母さんになる)
公園デビュー
子供が生まれて必ず言われることに「公園デビューしなあかんな〜」というのがあります。私の場合は育児書に「外気にたくさん触れさせたほうがよい」と書いてあったので、それでは、と家の近くの公園に子供を連れて出たところ近所のお母さんたちが数人にて少々会話をした、というものでした。そして家に帰ってから、「もしや今のは公園デビュー?」と気付いた私はオバカさんでした。こんな私でも今に至るまで何とか公園でのお付き合いを続けてこれたのは、多分団地の中にある公園に通っているからだと思います。公園に来ている人はほとんど団地内の人なのでどこの誰かすぐわかるし、だいたい生活水準も同じなので付き合いやすいのです。これがいわゆる地域の公園だったら、いろんなお母さんたちが派閥に分かれてたりしてややこしいのかもしれないなー。住んでる所もバラバラだろうし。だから、私は恵まれた環境にあるのだと思います。少し前にバス停でバスを待つ間に知り合った同じ年のお母さんは、近所に自分の子供と同じような年の子がいないので悩んでいたそうで、ぜひ一緒に遊んでやってくださいと言われたのです。したがって彼女は10ヶ月目にしてやっと「公園デビュー」を果たしたのです。(ちなみに私は2ヶ月目でした。)その日彼女は私に「今日初めておばちゃんって呼ばれた」と言ってました。そうなんです。公園デビューするということは「おばちゃん」と呼ばれることなのです。(男性は「おじちゃん」と呼ばれる)子供を公園で遊ばせるのも楽しいことばかりではありません。色んな年齢の子供達が遊んでいるので自分の子の身の安全は確保しないといけないし、あちこちで喧嘩したり怪我したりするので、なかなか自分の子供だけにかまってられないのです。でも、公園に行くと子供も楽しそうだし、私も近所のお母さんたちと会っていろんな話ができるのが気分転換になるのでこれからも日々通いつづけることになります。とりあえず私の公園デビューは成功だったかな? (Maki Araki / TAKUMI君のおばちゃんと呼ばれてはや1年。)

ただいま原稿募集中!テーマは自由です。問い合せ先:tbx@may.sakura.ne.jp
 
Let the music play!
CD 「The Voices of East Harlem/Right On Be Free」(1970制作・1999年初CD化)。まずタワレコでこのCDを発見し視聴コーナーにあったのだが、このCDだけ壊れて聴けなかった。次の日HMVでこのCDの視聴コーナーを発見。すかさず聴く。うおーー!!鳥肌モンの素晴らしさ!カッコイイ!僕がレコードを選ぶ上での条件をことごとくクリアしている。CDドラムの音が乾いて、ファンキーである。パーカッションが冴えている。ベースのフレーズ殺し。オルガンが唸り、ブルージーで泥臭い音の固まり。あー、そしてこのヴォーカルの響き。完璧。そしてこのレコードにはゴスペルの要素が強い。泣ける。まさに2曲目「Simple Song of Freedom」の題名通りの歌たちが詰め込まれています。某街に溢れるガングロのコギャル達じゃないですが、"BLACK"に憧れてしまう。あ、でもこれはかなり歴史的にも社会的にも深いテーマなので"If I were Black"は軽はずみには言えませんね。おっと、話がずれてしまった。そんなCDですが、最近金欠の僕だったので買うのに迷いに迷う。結局、その日は手が出ず。でも結局購入するわけなんです。だからみなさん、欲しいのは迷わず買え!ですね。「後悔先たたず。」・・・なんて風に終わってもいいんですか???
 
MOTOY
まいど、MOTOYです。先週号の一言の意味わかりましたか?簡単に言うと「ワシはホンマのことを言うきっかけを無くしてしもうた。」ってとこですかね(笑)それはさておき、ちょっと一言と言うことでコーナーを作ったのですが、固まったテーマが見つからないんやねこれが。本当は読者の皆さんにチェックして欲しい服や雑貨の事を書きたいんだけど、現物の画像見てもらえない状況で(カメラとかないし)想像力を書きたてるものを書くのはちょっと難しいと思ったりして、フリーで書かせてもらってます。ところで、皆さんは「雑誌」を読まれます?コミュケットのバックナンバーで「雑誌サーフィン」なるものを提案したのですが、あまり興味の無い雑誌のポイントをつかんで読むってのは難しいですよね。でも雑学ほどいい教養もないと思います。仕事とかで直接役に立つものではないけど人とコミュニケーションを取る中で多少なりとも「ネタ」を持っておくことは大きな強みじゃないかなって思います。そんな思考のMOTOYお薦めの雑誌は"popeye"(マガジンハウス社より月2回、10日と25日に発行)。知らないうちに雑誌のコンセプトが変わっててファッション関係のネタも多いし、値段も安いんでおすすめです。ちょっと気になった方はコンビニや書店で立ち読みしてください。ちなみに今号の特集は「パソコンを遊び尽くせ」。後は中に綴じ込みの"MUTTS"(コミュケットの雑誌風実践?)も要チェック!ではまた来週!
 
special story
photo 可不可-Ability Inability
「un production」のメンバーが「walkend」という映像集団を作り1997年に発表したビデオ作品のシナリオや写真などを掲載しています。男女二人の逃避行と子供たちの淡い企みが巧みに織り成す幻の作品。
mail to us
letter
tbx@may.sakura.ne.jp
 
credits
staff:
editor in chief :
MOTOI ARAKI
support :
NAOKO OHSHIMA
art director :
MAKOTO KAWAMURA
writers ever appeared :
MOTOI ARAKI, NAOKO OHSHIMA, MAKOTO KAWAMURA, ツァ1リー8モッツィー, Masaki Fujishiro, Maki Araki, Rika Kinjo, K.TAMURA

Copyright(c) 1999 technical box. All rights reserved.